携帯サイト

QRコード 携帯に送信
お問合せ 03-3263-9928

稲川りよ子の心霊相談室

エル企画

お問合せ 03-3263-9928

丹波哲郎霊界サロンブロガー/スピリチュアルカウンセラー 稲川りよ子

ブログ

人生を決める潜在意識

Posted コメント数: 0

カウンセリングをしていて嘆いている本人の潜在意識からの呼び掛けに意識を向けてみると本人が語る言葉と潜在意識の語りかけとの間には、時々本人の言葉を裏切るような声を聴くことがあります。

例えば、病気ばかりしていて自分はどのような罪があってこのような罰を受けなければならないのでしょうか。と問いかける言葉が言い終わらないうちに、潜在意識が語りかける言葉は、『私は、いつも心配事ばかりなのに、主人は、私の事を全然理解しようとしないし、経済的な事も仕事のことも子供たちの教育の事も、みんな私一人に押し付けて、自分は、何の責任も感じていない様子。だから、私は、病気でいることで、少しは、主人が子供の事や私に対するいたわりや、家庭の事に目を向けて貰いたい。とても、私は辛いのです。浮気も私が病気でいることで、主人がまっすぐ家に帰って来てくれる。
だから、もう少し、このまま病気でいたい、、、、。』

このような事を語っているからと言っても、本人は、その様に叫んでいる自分の潜在意識に気づいてはいないのです。

カウンセリングでは、本人の潜在意識が、このような事を語りかけてきていることを告げます。
自分の潜在意識こそが自分の人生を導く、牽引車の役目をしているのです。
自分の奥深くに存在する自分の本音を知って、涙を流します。
それほど私は辛いということを再確認すると同時に、実は自分が病気になっているのは、何か罪を犯しているせいではないのだということを確認し、意識を変えることで、自分の病気が治るのだと考えて、元気になります。
遠隔ヒーリングと本人の意識改革によって、命は、病気から回復していく方へと流れを変え始めるのです。
そして、みるみるうちに顔色が明るくなり、前向きになっていきます。
弱っている時は、自分を責めるのではなく、自分の魂に向き合って、潜在意識の声を聴くことで、乗り越えるヒントをハイアーセルフから頂きましょう。
こころを白にして、素直な気持ちで向き合うなら、きっと良いアドバイスを頂ける筈です。
明るく素直にあたたかくを自分に向けて見ることも大事です。[/b]

続きを読む

徳之島の写真展のお知らせ

Posted コメント数: 0

[/b]我がふるさと徳の島の写真展が開かれます。

徳之島虹の会のみなさんは、徳之島で生息する生物や植物、熱帯魚など美しい島の自然を保護するために、日々、楽しみながら、島を駆け巡っている元気な仲間たちの集うNPO法人です。

下記にご案内しますので、ぜひ足を運んでみてください。

日時 平成25年11月2日(土曜日)〜16日(土曜日)
   10時〜18時(日・月は休館日・土曜日は17時まで)
場所 東京都渋谷区神宮前5−53−70国連大学ビル1階
    地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
電話 03−3407−8107
    
詳しくは徳之島虹の会で検索してください。

続きを読む

式年遷宮〜遷御〜

Posted コメント数: 0

今日は、伊勢神宮は、20年に一度の式年遷宮の遷御の日です。
私たち日本人にとっては、天皇のご先祖と言われる天照大神さまが新しいお宮に移られるというお祝いの人言えます。

しかし、日本国民は、多くの信仰があり、信仰の自由が許された国でもあります。

自由だから、みんなでお祝いするという雰囲気があまり盛大ではありませんが、それでも日本人の心の底には、同じ心が流れているだろうと感じることもあります。

先ごろユネスコに世界文化遺産として登録された富士山も、やはり、天皇家に繋がる神様の山です。

何が起きているかよくわからなくても、何かしら嬉しいという気持ちが起きてくるということは、やはり、潜在意識では、神様の存在を感じ取っているのでしょう。

神様は、人類のすべての命を常に見守っています。
人類が、そのことに意識を向ければ、人生に迷ったとき、病のとき、解決へのヒントや答えを教えてくれます。

あなたは孤独ではありません。
常に神様とともにいるということを忘れないで人生ともに
頑張りましょう。

続きを読む

この世とあの世のこと

Posted コメント数: 0

人はみなこの世の人生の前にも人生があったということを考えてみたことがあるでしょうか。

大抵の人が、死んだ後の事は、体験したことが無いから分かる筈がないと思い込んでいます。

でも、みんな、死んだことがあるのですよ。

そして何度も生まれ変わって、今その命を生きているのです。

でもだれもが、死んだら肉体は焼かれ、この世に残っている命などないと思っています。

その後に生きているといえる存在を認めるのは、かなり難しい。

霊能者が視る世界では、肉体が死ぬ時、その肉体から抜け出していく靄のような白いものが存在します。

その存在こそが、霊魂と呼ばれる、意識を持った存在です。

その存在は、この世からあの世と呼ばれる異次元の世界へ移行して、類魂のもとへと還っていくのです。

しかし、たまにその類魂のところへ還れない魂がいたりしましす。

例えば、この世の快楽や欲望に負けて、こころを汚してしまうような悪事を働いたり、あるいは人の命やこころを傷付けたりして魂次元を落としてしまうと、類魂のもとへ還れないのです。

そしてこの世に近い幽界と呼ばれる次元で彷徨ってしまうことになります。

それでも、何十年、何百年という時代を彷徨っていつか魂が自分のいる世界があまりにもひどい世界にいると気づいた瞬間から、魂は、悲しみと不安と孤独感に苛まされはじめるのです。

そして類魂のところへ還りたいという思いが強く働き始めるのです。

その時こそ、霊能者がその魂を感じ始める時です。

この世の時間とあの世の時間は、大変な時差があります。

数時間という単位ではありません。

何十年、何百年という時間差です。

この世の時間では、百年ぐらい経っていても、あの世では、魂の目覚めるその瞬間から時間を感じ始めますから、まだ対して年数が経っていないと思い込んでしまいます。

そして目覚めた魂は、自分がこの世で生きていた頃の事を思い出したり、自分の子孫を思い出したり、故郷の住んでいた家を思い出したりします。

もしも、すでにこの世の時間が、その魂がこの世を去ってから百年も経っていたら、すでに、その場所には、全く赤の他人が住んでいたりします。

自分の家だと思っている家に、知らない人が住んでいると、霊は、そこは自分の家だと主張し始め、その家に住んでいる人に、自分の存在を知らせようとします。

その時に、この世では、ラップ音が発生したり、棚からものが飛んだりというポルターガイスト現象がおきたりするのです。

また、原因不明の病気やけがなどが増えたりします。

それが霊による災いです。

通常、霊障と言います。

幽界を彷徨うことなく、スムーズに類魂の所へ還る魂は、通常、霊界と呼ばれている高次元の世界で、霊としてのいろいろな訓練を終えて、またより多くの修行をするために、この世へと生まれ変わって来るのです。

この世に生まれ変わって来る時、以前にこの世で体験したことやまたその後、霊界へ還って体験したことなどは、すべて魂の奥深くに記録され、肉体次元の顕在意識に登らなくなってしまうため、生まれ変わった時に、何も覚えていないということになってしまうのです。

ですが、この世での何か魂次元に感じてしまうようなショックな出来事があったりした瞬間に、過去世のことやあの世でのことなどを思い出してしまう人がいたりします。

みなさんも、これまでに交通事故の後から、異次元の存在、つまり霊がみえるようになったというようなお話を聴いたことがあるでしょう。

そのようなことを考え合わせてみると、今まで信じられなかった異次元の世界の存在をもう少し、真剣に考えてみたいという気になれるのではないでしょうか。

続きを読む

パワースポットの注意すべきこと

Posted コメント数: 0

口コミで広がるパワースポットには、本当に良いエネルギーかどうか怪しげな場所も含まれて宣伝されているなということが最近分かりました。

エネルギーを正しく感じることができないにもかかわらず、友人の方からの情報で、良い感じと感じたエネルギーが、果たして他の人が行ってみると他の人にとっては、どうにも落ち着かない場所であったりすることがあります。
何故その様な事が起きるかということは大変簡単な理由です。
例えば、人格が洗練されていない人と洗練された高次の魂の人との感性が同じであるはずが無く、高次の人の感性では、爽やかに感じられなかった場所のエネルギーであっても、それより低い霊格の人なら、自分のエネルギーより少し良ければ良いと感じてしまうのです。
また、自分と同調できる、あるいは懐かしい感じがするなどの場合に、過去世でのカルマが似ていたりすると、その人にとっては居心地の良い場所として感じるでしょう。
しかし、同調できるからと言って、そのエネルギーが必ずしも高次元のエネルギーということにはなりません。
過去世のカルマを共有するエネルギーが、その場所へ集う者に因縁を思い出させて過去の捉われに引き込まれてしまうことは大変危険な事になる場合もあります。
パワースポットと言われている場所であっても、やたらと多くの人が参集すると、集まったエネルギーによってエネルギーは変化してしまうこともあります。
自分の命の洗濯は、できるだけ自分のエネルギーを高めるための努力を怠らないことでアップしていくことをお勧めします。
自分のエネルギーをアップさせるにはどうすれば良いかという質問が、飛んできそうですね。
大事な事は、この人生を一日一日大事に生きることです。
生きるということは、今日という日を精一杯大事に使い、命を大事に労わりながら、他の命にも心を寄せて生きることです。
そうして積み重ねられる愛念こそが、正しい想念を育て、心が豊かで愛の光に満ちた人格を育んでいくのです。
その愛念が一杯の想念こそが、高次元の命に繋がり、パワー一杯の人としての存在になれるのです。
パワーは貰って来るものではありません。
自分自身の中で育て発現するものです。
あなた自身が、良い波動を発信することができれば、人があなたの傍によって来るのです。
いつもあかるく活力にあふれる波動をあなたの周りに注げる人になってください。
その集合体こそが、この地球を守るパワーになっていくのです。

続きを読む

新年おめでとうございます

Posted コメント数: 0

[b]2013年が静かにあけました。
騒々しい時代が過ぎて、今年は少し、ゆっくりとした時間が流れることを期待しています。
かといって、日本では急いでやらなければならないことが山積していますので、のんびりできないお正月を過ごす人たちもいらっしゃることでしょう。


その様な時でも、心の中に、静寂な空間を創っておければ、時々その空間へ逃げ込み、ほっとした自分だけの時間を過ごすことができるでしょう。

そうすることで、自分を見失うことなく、目標から逸れることなくしっかりと前進することでしょう。

あなたは今年の目標を決めていますか。

茫然と過ごしていると、何かと他人の予定や行事に巻き込まれて、スケジュールを調整して付き合っているうちに、いつの間にか、一年が過ぎてしまっていたということになるものです。

これだけは、頑張ろうという目標を、元旦に立てておきたいものです。

みなさんにとって素晴らしい飛躍の年になりますようにお祈りします。

  合掌

続きを読む

東京都千代田区飯田橋2-9-6 稲川りよ子の心霊相談室 エル企画 

© 2021 千代田区 心霊相談 スピリチュアル ell.ggo.jp . All rights reserved.