携帯サイト

QRコード 携帯に送信
お問合せ 03-3263-9928

稲川りよ子の心霊相談室

エル企画

お問合せ 03-3263-9928

丹波哲郎霊界サロンブロガー/スピリチュアルカウンセラー 稲川りよ子

ブログ

お葬式にロボットの僧侶?

Posted コメント数: 0

一般的にロボットの僧侶なんてことは、冗談でしょうとなると思うのですが、AIのペッパー君を僧侶に仕立て上げようとする人がいました。

木魚を叩きながら、般若心経を唱える、なかなかなじめない風景ですが、どうも冗談ではなく大真面目に考えているような雰囲気です。

そのような話題を放送する側の神経も理解できないのですが、お坊さんになり手が少なくてロボットにお経をあげて貰ってお葬式をしてもらおうと考えるお坊さんの精神状態は一体どうなっているのでしょうか。

お葬式にお坊さんに来てもらうのは、なぜかという事を理解していないのでしょうか。

ロボットで事足りるお話なら、最初からお坊さんという存在を無視しても良いという事になりはしないでしょうか。
ロボットは、人間がいろいろな情報を入力し、統計的な動き方をしているだけであり、ロボットが感情をもっているのではないのです。

お坊さんは、大変な修業をして苦しみに耐え、精神性を高めた人がなるものというのが、本来の考え方ではないでしょうか。

自分の本分忘れ、人手が足りないから、僧侶もロボットで良いなどと考えるなら、この世から僧侶という職業は消えてしまっても良いという事になるのではないでしょうか。

そのような考えをする僧侶は、まず消えてくれた方が無難です。

続きを読む

霊界からの声

Posted コメント数: 0

お盆が近づくと、霊界からの声が届けられることが多くなります。

自分のご先祖様やお友達や親しい人々など、亡くなられた人たちがあなたに何かを伝えたい

とき、だれか霊感のある人にメッセージしてもらう方法、あるいは親しかった人の夢の中に

現れて直接お話をするなどの方法があります。

また幼い子供でもご縁がある場合は、メッセンジャーとして使ってしまうこともあります。

まだ幼い子供のいう事などと言って、私の父などは、取り合ってくれなかったりしましたが

子供にとっては、親に見放されてしまえば、一人では何もできなくて、何度も何度も怖い

思いや、どうしても伝えたいメッセージを伝えるまで霊から解放してもらえないので、と

ても困るのです。

親が聞いてくれるまで、霊はいろいろな手段を用いるため、だれかが危険な目にあってし

まうことになることもあります。

放置しないで、できるだけ早く解決してあげることが、ご先祖様を苦しい境涯から救い出

してあげることにつながります。

この世とあの世は地続きだと言われた丹波哲郎先生のお言葉を時々思い出されますが、そ

うして亡くなった人たちの思いを叶えてあげることがこの世で暮らす人たちの幸せを守っ

て貰えるということにもなるのです。

宇宙に遍満する全ての命に愛を届けたいという思いを常に忘れないでいて欲しいと願って

います。

りよ子

続きを読む

お詫び

Posted コメント数: 0

丹波哲郎霊界サロンで書いていた記事が失われてしまったことに関し、私がバックアッ

プを取っていなかったことで、ここに復元できないことを心からお詫びします。



これからは、このホームページで皆さんとともに、あらたなステップアップができるよう

頑張ります。

これからも時々扉を開けてみてくださいね。

続きを読む

心霊現象から教えられること

Posted コメント数: 0

人は死んだら火葬されて何も無くなってしまうと思っている人が未だに多いのは仕方が無い。
なぜなら、死んだ人が、話しかけて来たという体験をする人は、めったにいないから。

しかし、知らない人のことなのに、話しかけられて困る人たちがいるのも事実だ。

あるお寺のお坊さんたちが、実は私は一度もお会いしたことはなかったのだけれど、突然色々な場面を視せて、

『私は今このような場所にいる、、生前には、母上の事を何もしてあげられなかった、むしろ憎んでさえいた、。

今、ここへきて想うことは、母は、私の事をとても愛していて、厳しく教育しようと必死だったということ、なのに、私は、辛いことばかり押し付けてくると思って母を憎んだ。

母の愛は、とてつもなく深く、子供の私には到底理解できるものではなかった。

申し訳ない、申し訳ない、今はその償いのために、私は、手足をぐるぐる巻きにして敢えて不自由な体になって、母に詫びている。

しかし、母はどこへ逝ったやら、私の目には暗くて何も視えない。

心が曇ると目がくらむのだ。

誰も救えない。人を救うことも、自分すら救うことができないのが、情けない。』

私は驚いた。

とても立派なお坊さんだったと聴いていたし、本も読んでいた。

そんな筈は無いと思い聴いてみると、

『どんなに修行をしても、短い人間界ですべてやりつくすことなどできない、だからこそ人は何度もこの世に生まれ変わってもっともっと人格を磨こうとするのだ。』と。

お坊さんでも、天国へいかないことがあるのですね。

想いをご家族にお伝えしたら、心が晴れたらしく、迷わず、光の世界へと旅だちました。

安らかでありますように。合掌

続きを読む

冨士山浄霊を終えて

Posted コメント数: 0

ブログの更新も大変長く休んでしまいました。
が、私はいたって元気で頑張っています。
富士山の浄霊が終わっても尚、識者の見解は、明日にも富士山が爆発してもおかしくないということでした。
その言魂を撥ね退け、決して富士山を爆発させないためにも、念には念を入れて、浄霊が終わったと言って見守るだけでは無く、更に、富士山の地下深くのマグマだまりのエネルギーを海底のプレートの方向に流す作業をイメージしていました。
海上で噴火が起きると魚などの生態系に与える影響の心配はありましたが、内陸で噴火が起きるよりは被害は小さくてすむと考えたのでした。
しかし、被害どころか、神さまのお計らいは、創造をはるかに超えて、新しい島を創り上げてしまわれたのです。
そこで、最初に神様からのメッセージを思い出しました。
日本列島のために、行って来い!ということ。
お陰さまで日本列島は新しい命と体を頂いたのです。
私や共に頑張った友たちへのご褒美をなどと考えた私の思惑などどこ吹く風でした、、。
とてつもなく大きな日本国へのご褒美でした。
感動に打ち震えるとは、このような時の事を言うのでしょうか。
感謝!感謝!です。
言魂は、人の望みを神様に伝える役目をし、そして人の望みを叶えようと神さまのご意思が働きます。
良くも悪くも、望みが叶えられ易い時代には繁栄するイメージを持って言葉を発することが大変大事です。
全ての命がより良く生かされることを祈願しましょう。

続きを読む

高次元へ向かって

Posted コメント数: 0

新しい年とともに、次元上昇の波動も更に振動数をあげております。

例えば、願い事や希望すること、心で念じたことなど、善悪どちらでも、現実に表象されやすくなっています。

現象化されることが速くなっているということは、この宇宙を取り巻く環境が、より早い対応を要求されているということに他なりません。

それほど太陽系全体が、変化することを必要としているといことです。
変化しなければ太陽系全体が維持できない状況になっているということでもあります。

高速の次元上昇によって宇宙のゴミを振るい落し、穢された想念を祓い落とさなければならないという状況にあるということです。

そのことを理解して、我々もこころの垢を落として、高次元への意識の上昇を図るよう求められています。

個々の欲望に突き動かされている時代は、終焉を迎えています。

この波に乗り遅れないようにする方法は、ただ一つ、自分のこころを清らかに維持する訓練をおこたらないようにするということでしょう。

今年は、更にスピードアップして、スピリチュアリズムを魂次元まで[b]刻み込みましょう。

続きを読む

東京都千代田区飯田橋2-9-6 稲川りよ子の心霊相談室 エル企画 

© 2021 千代田区 心霊相談 スピリチュアル ell.ggo.jp . All rights reserved.